出会い系で正当に出会いを求める人にとって厄介な存在となるのがキャッシュバッカーです。キャッシュバッカーというのは、出会う気もないのに出会い系内でメールを行なってお金を稼ごうとする存在です。キャッシュバッカーは一般ユーザー、それも異性から見て魅力的なユーザーを演じているため、男性にとっては迷惑な存在でしかないでしょう。
 
このキャッシュバッカーを見破るには様々なポイントがありますが、そもそもキャッシュバッカーがいる出会い系を特徴を知ることができれば、キャッシュバッカーと関わることはなくなります。(キャッシュバッカーを見破るポイントについては以下のページで紹介していますのでごらんください。)
 
 
 
というわけで今回は、キャッシュバッカーがどのような出会い系に存在するのかを説明していきます。出会い系でキャッシュバッカーに踊らされたくないという方は参考にして見てください。
 
 

大手出会い系サイト

 
当たり前ですが、キャッシュバックシステムがない出会い系にはキャッシュバッカーが存在しません。だから、キャッシュバッカーの有無を考えるには、出会い系のシステムを見ることが一番でしょう。その際に一つの指標となるのが、大手であるか否かということです。
 
というのもキャッシュバックシステムを導入するというのはどんな出会い系でもできることではありません。それなりに大掛かりな仕組みづくりが必要になるのです。だから、キャッシュバックシステムを導入できる出会い系というのは多くの場合、大手出会い系サイトや、大規模な出会い系サイトになります。
 
つまり、小さな出会い系であれば、キャッシュバッカーが存在する可能性は極めて低いのです。
 
 
 

現金に交換することができるキャッシュバックシステムがあるか

 
実はキャッシュバックシステムというのは出会い系によって若干異なるケースがあります。というのも一口にキャッシュバックといっても、それがお金に変えることができるのか、商品にしか変えられないのか、という二つに分けることができるからです。ただ、どちらもメールをしてポイントを稼いでそこから利益を得ようという点は変わらないため、キャッシュバッカーの行動自体に差はありません。ただ、単純にポイントをお金に変えるのか、商品に変えるのかという違いです。
 
もちろん、キャッシュバッカーからすると、お金に変えられるに越したことはありません。だから、キャッシュバッカーが集まるのは、必然的にそういったシステムが付いている出会い系になるのです。このシステムがあるかどうかというのは完全に出会い系に依存しています。具体的には、現金交換ができるのは、ハッピーメール、イククル、ミントC!Jメール、などが有名なところです。逆に、現金交換ができないキャッシュバックシステムがあるのは、PCMAX、ワクワクメール、YYCなどが有名です。
 
 

そもそもなぜキャッシュバックシステムがあるか

 
さて、キャッシュバックシステムについて紹介しましたが、そもそもなぜ出会い系にはキャッシュバックシステムがあるのでしょうか。これは、出会い系を活性化させたいというのが一番の理由でしょう。
 
そもそも女性というのは消極的な生き物です。しかも出会い系の中となればもっと行動しなくなるのは直感的に理解できると思います。しかし出会い系というのは男女双方のやり取りがあって成り立つものです。行為の方向性が一方的であれば、出会い系全体の空気が悪くなり、運営も儲かることができなくなります。
 
それを打開するために、運営はキャッシュバックシステムを導入したのです。ただ、本来のキャッシュバックシステムというのは、女性ユーザーが出会い目的で登録していることを前提として、ご褒美的に与えられたものでした。しかし、今となっては、システムを利用して、出会う気もなく稼ぐ目的で登録してきているキャッシュバッカーの存在が目立ってしまっています。しかしキャッシュバッカーの存在により運営が儲かるようになったのもまた事実です。ただ、このようなキャッシュバッカーが蔓延してしまうと男性ユーザーも不審に思って出会い系を離れてしまうことにもつながります。このキャッシュバッカー問題は、運営にとっても対応が分かれる部分であると言えるでしょう。