出会い系をサイトやアプリで出会おうとするとき、邪魔な存在として有名なのがキャッシュバッカーという存在です。キャッシュバッカーというのは、出会い系サイトのキャッシュバックシステムを利用してお金を稼ごうとする人たちのことを言います。キャッシュバッカーの詳しい説明については以下のページをご覧ください。
 
 
 
キャッシュバッカーはもちろん自ら自分がキャッシュバッカーであることを明かしません。純粋な素人を演じて、巧みにメールを続けようとしてきます。これがキャッシュバッカーの厄介な部分でもあります。
 
しかし、キャッシュバッカーがどのような手口を使ってくるかを知っていれば、キャッシュバッカーを見破ることができるでしょう。というわけで今回は、キャッシュバッカーの手口を紹介します。キャッシュバッカーに踊らされたくないという方はぜひ参考にしてください。
 
 

美人の写真を使う

 
キャッシュバッカーが使うプロフィール写真は美人のものが多いです。これはもちろん、本人の写真じゃないケースがほとんどです。というのもキャッシュバッカーはもともと出会おうとするつもりがないので、自分の写真を使う必要がないのです。だから、他人の写真を使う。それも美人の。これによりキャッシュバッカーは多くの男からメールをもらおうと考えているのです。
 
 

アダルト要素を出す

 
美人のプロフィール写真を使うのは、多くの男性を魅了するためです。他に男性を魅了する方法といえば、アダルト要素を出すことでしょう。多くの男性は、エロい女性に惹かれます。キャッシュバッカーはこの性質を利用し、やれそうなオーラを出しまくって男性を引きつけます。
 
 

八方美人のプロフィール

 
プロフィール文章を読んで、八方美人な印象を受けたら要注意です。キャッシュバッカーというのは基本的に相手を選びません。どんな相手でもメールさえできれば問題ないのです。だから、キャッシュバッカーのプロフィールというのは八方美人になりがちです。例えば、イククルなどでは「好みの年齢」という項目があり、自分の好みの年齢を入力することができます。キャッシュバッカーはここに「指定なし」としたり「10代〜50代」などと幅広く設定したりします。もちろん、相手の年齢などキャッシュバッカーからしたら関係ないからです。何故なら出会うつもりも恋愛するつもりもないから。これがキャッシュバッカーのプロフィールの特徴です。
 
 

LINE交換しようとしない

 
キャッシュバッカーというのは基本的に外部SNSを交換しようとしません。外部SNSというのは例えばLINEとか、電話番号とかです。これらを交換しない理由は明らかです。キャッシュバッカーというのはアプリないのメールでしかお金を稼ぐことができません。だから、外部の連絡先を交換する意味がないのです。アプリないのメールを永遠に続けようとしてきます。
 
しかしこれは逆手に取ればキャッシュバッカーか見分ける時の指標になります。ある程度メールが続いているのに、連絡先の交換を断らた時はキャッシュバッカーだと判断してもいいでしょう。そもそもある程度メールが続いてしまった段階で損害はありますが、次から気をつければ同じ失敗はしないで済むはずです。