出会い系に関して、キャッシュバッカーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。キャッシュッバッカーは略してCBと呼んだりもしますが、これは出会い系を正式に楽しむ人にとって邪魔な存在として知られています。
 
ここではキャッシュバッカーがどのような存在なのか、どうして邪魔な存在なのかを説明します。これから出会い系を利用するという方はぜひ参考にしてください。
 
 

キャッシュバッカーとは

 
キャッシュバッカーというのは文字どおり、キャッシュをバックする人たちのことを表します。というのも、イククルなど出会い系によっては、キャッシュバックシステムが付いていて、ユーザーがお金を得ることができるのです。ただ、お金を得るといってももちろん簡単にお金を稼げるわけではありません。
 
仕組みとしては、キャッシュバックシステムの付いている出会い系というのは多くの場合、メールを受信したり送信したりすることでポイントを獲得できます。ポイントのレートは出会い系によりますが、一通5ポイント程度が一般的でしょう。一通だけだと少ないポイントですが。メールを重ねることでポイントをたくさん稼いでいき、それらをお金に変えることでキャッシュバックが完了します。これがキャッシュバックシステムの流れです。
 
そして、このシステムを利用してお金を稼ごうとする人たちのことをキャッシュバッカーと呼びます。では、なぜこのキャッシュバッカーたちが、邪魔な存在とされているのでしょうか。
 
 

キャッシュバッカーの厄介な点

 
キャッシュバッカーの何が厄介であるかというと、多くのキャッシュバッカーに「出会う気持ち」がないことです。というのもキャッシュバッカーというのはお金を儲けるつもりで出会い系を利用し、稼ぐために出会い系内ユーザーとメールをしています。もちろん、相手のユーザーは出会うためにメールをしています。しかし、そのメール相手であるキャッシュバッカーのは出会うつもりがないので、ここに気持ちのすれ違いが生じるのです。
 
結果として、素人ユーザーはキャッシュバッカーとメールすることで、お金がかかるばかりで全然出会えない目に遭ってしまうなのです。
 
そしてもちろん、キャッシュバッカーを避けることができたら問題ないのですが、それがまた難しいのがキャッシュバッカーが厄介な部分なのです。なぜ難しいのかというと、キャッシュバッカー自身が、自分がキャッシュバッカーであることを隠すからです。キャッシュバッカーは一般ユーザーを装ってメールをするのです。というのもキャッシュバッカーは自分がキャッシュバッカーであることを明かしてしまえば誰ともメールできずに稼げなくなります。逆に、一般ユーザー、もっというと、異性から見て魅力的かつ出会えそうなユーザーを演じれば演じるほど、メールが続き、稼げるようになるのです。
 
この背景のおかげで、キャッシュバッカーはますます厄介な存在になってしまっています。しかしもちろん、出会うつもりがないキャッシュバッカーというのは違法ではないとはいえ、悪質な存在です。このサイトでは、キャッシュバッカーの見破り方も解説していますので、興味のある方はご覧ください。
 
 
 

サクラとの違いとは

 
キャッシュバッカーはよくサクラと混同されがちです。しかし、本質的に、キャッシュバッカーとサクラは全く別の存在です。何が違うのかというとたくさんありますが、根本的には運営側か、一般人側か、という点で異なります。
 
まずキャッシュバッカーは一般人側の存在です。キャッシュバッカーを運営が行なっていることはありません。キャッシュバッカーは運営からお金をもらっているだけで、頼まれてキャッシュバッカーをやっているわけでもありません。そして儲かるのは運営ではなく、ユーザーとしての個人なのです。
 
一方でサクラというのは、運営が手配しています。出会い系アプリを盛り上げるために、運営側がサクラを雇ったり、もしくは運営者自身がサクラを行ったりします。あくまで出会い系を儲けさせるために行うのがサクラなのです。
 
これらがキャッシュバッカーとサクラの大きな違いです。
 
 

キャッシュバッカーの危険性

 
さて、キャッシュバッカーがどのような存在であるかを説明しましたが、キャッシュバッカーに関わると具体的にどのような危険性があるのでしょうか。
 
実は、キャッシュバッカーに関わっても身の危険とか、命の危険があるわけではありません。というより危険はありません。では何が失われるのかというと、時間とお金です。まずキャッシュバッカーとメールを続けるとなると、それだけでメールを送信する手間、つまり時間がかかります。そして、キャッシュバッカーが存在する出会い系の多くはメール料金が発生するものであるので、メールをすればお金がかかります。もちろん、メールを送ることで成果があれば別のなのですが、キャッシュバッカーには出会う気がないので、何も得られるものがないのです。結果として時間とお金が浪費されることになります。
 
これがキャッシュバッカーと関わることによるデメリットです。何か大きな危険があるわけではなく、地味にもったいない思いをさせられてしまうのがキャッシュバッカーです。ただ、いずれにせよキャッシュバッカーが悪質かつ迷惑な存在であることには変わりません。キャッシュバッカーの手口に巻き込まれないためにも、キャッシュバッカーの手口を知り、対策を打ちましょう。